家賃が払えない~住居確保給付金について

コロナ禍で収入が減り、家賃の支払いが厳しくなってきた方や家賃を滞納して困っている方も少なくないのかと思います。 
家賃の一部(場合によっては全額)を補助してくれる制度として、住居確保給付金という制度をご存じでしょうか。

この「住宅確保給付金」という制度は、生活困窮者自立支援制度の給付金の一環として存在していた制度で、コロナ禍前から存在していました。
給付額は必ずしも家賃全額の支給を受けることができるわけではありませんが、家賃の一部について補助を受けることができます。その額は地域によって異なります。
例えば、東京23区の場合、世帯人数が1人であれば53,700円、2人であれば64,000円、3人であれば69,800円となっております。1人暮らしで家賃が8万円とすると7割程度は補助を受けることができます。

全ての方が利用できるわけではありませんが、家賃を滞納しそうな場合は、すぐにお近くの相談窓口にご相談されるとよいでしょう。
お近くの相談窓口は、下記からお調べください。

厚生労働省|厚生労働省生活支援特設ホームページ | 住居確保給付金:申請・相談窓口 (mhlw.go.jp)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。